【不動産コラム】空き家の固定資産税を払わないとどうなってしまうのか? | 名古屋市中川区周辺の不動産をお探しなら有限会社不動産の服部にお任せ下さい。

有限会社不動産の服部

営業時間9:30~18:00定休日水曜・第3火曜・祝日

【不動産コラム】空き家の固定資産税を払わないとどうなってしまうのか?

「空き家を相続したけれど固定資産税を支払わなければどうなるのかな」

「空き家の固定資産税を支払えない場合はどうすれば良いのかな」

このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。

そこで今回は、固定資産税が支払えない場合にどうなるのか、また、支払えない場合はどうすれば良いのかについてご紹介します。

 

固定資産税が支払えないとどうなるのか

 

ここでは、固定資産税が支払えない場合にどうなるのかについてご紹介します。

 

固定資産税が支払えない場合、延滞金が発生します。

基本的に固定資産税を支払う期限というのが予め設けられており、その期限通りに支払いが完了されなければ、金額が上乗せされます。

この延滞料金に関しても、どれだけの期間支払いが行われないかによって、額が変動します。

そのため、長期間支払わなければ支払わないほど、支払う必要のある金額が大きくなっていくわけです。

 

それでも支払いが完了されない場合は、自治体によって財産の差し押さえが行われます。

給与や貯金をはじめ、自動車やその他の不動産など、現金化が可能な資産はすべて対象となります。

ただ、差し押さえ自体は自治体にとっても最終の手段であるため、それまでに何度か警告文が送られてきます。

その時点で支払いを済ませれば差し押さえになることもないでしょう。

 

空き家は早めに売却する方が良い?

 

空き家の固定資産税を支払えないとわかった時点で、その空き家を売却することをおすすめいたします。

 

固定資産税は、必ず毎年支払う必要のあるものです。

そのため、一時的に猶予を与えてもらう、または分納形式で支払いできるよう交渉できても、来年を迎えれば同じことになりかねません。

どうしても空き家には思い出があったり、持っているだけでも持っておきたいと感じたりしてしまいますが、思い切って売ることが大切です。

 

特にまだ住宅ローンの支払いが残っていて厳しい場合には、滞納する手段を取るより売却するのが一番効率的です。

空き家を持ち続けることで発生する費用と持ち続けることのメリットをしっかりと考えたうえで判断することをおすすめいたします。

 

まとめ

 

今回は、固定資産税が支払えない場合にどうなるのか、また、支払えない場合はどうすればいいのかについてご紹介しました。

空き家の固定資産税を支払えないとわかった際には、売却という手段を取りましょう。

当社では、少しでも高く売却できるよう売却活動を進めさせていただきます。

ぜひ気になる方は当社までお問い合わせください。

投稿日:2022/04/11   投稿者:-