【不動産コラム】遺産の相続配分割合を相続人のパターン別に解説! | 名古屋市中川区周辺の不動産をお探しなら有限会社不動産の服部にお任せ下さい。

有限会社不動産の服部

営業時間9:30~18:00定休日水曜・第3火曜・祝日

【不動産コラム】遺産の相続配分割合を相続人のパターン別に解説!

「法定相続人の意味がいまいちわかっていない」

「自分たちの家族の場合誰が法定相続人になるのかな」

このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。

そこで今回は、法定相続人とは何か、また法定相続人の相続割合はどうなるのかについてご紹介します。

 

法定相続人とは何か

 

法定相続人とは、亡くなられた方の遺産相続を行う権利がある人のことを指します。

この亡くなられた方を被相続人と呼びます。

民法によって被相続人の残した遺産を相続できるとされているのは以下の通りです。

 

・配偶者

・子

・父母

・兄弟姉妹

 

常に配偶者は法定相続人ですが、婚姻届けが出されていることが必要条件になります。

そのため、内縁関係や事実婚の状態であれば、法定相続人にはなれません。

また、配偶者以外は、上から優先的に相続します。

例えば、被相続人が子供を産んでいる場合は子供が引き継ぐこととなり、子どもがいらっしゃらない場合は父母、父母がいらっしゃらない場合は兄弟姉妹という形になります。

 

法定相続人の相続割合をパターン別でご紹介

 

ここでは、法定相続人の相続割合をご紹介します。

 

法定相続人には相続割合がパターン別でそれぞれ決められています。

 

まず、子供のみ、配偶者のみ、兄弟姉妹のみ、親のみ場合です。

これらのいずれかの場合、全ての遺産を1人の相続人が相続します。

もし同じ優先順位の相続人が2人以上いらっしゃる場合は公平に人数分で割ります。

 

次に、子供と配偶者のみの場合です。

子供と配偶者のみが相続人としておられる場合は、子供と配偶者でそれぞれ2分割します。

複数人子供がおられる場合は、子供の人数で2分の1を割ります。

 

次に、親と配偶者のみの場合です。

子供がおらず、親と配偶者のみが相続人となる場合、親が3分の1を相続し、配偶者が3分の2を相続することになります。

両親とも存命である場合は、3分の1の遺産を2人で割ります。

 

最後に、兄弟姉妹と配偶者のみの場合です。

兄弟姉妹と配偶者のみが相続人となる場合、兄弟姉妹が4分の1を相続し、配偶者が4分の3を相続することになります。

複数人兄弟姉妹がおられる場合は、4分の1を割ります。

 

以上がパターン別での相続割合についてでした。

 

まとめ

 

今回は、法定相続人とは何か、また法定相続人の相続割合はどうなるのかについてご紹介しました。

法定相続人とは、被相続人の残した遺産を相続できる人のことを指しており、パターン別で相続割合が異なってきます。

当社では不動産の売却を受け付けております。

気になる方はぜひ当社までお問い合わせください。

投稿日:2022/04/25   投稿者:-