【不動産コラム】アパート一棟を売却したい方へ!売却する流れとタイミングをご紹介! | 名古屋市中川区周辺の不動産をお探しなら有限会社不動産の服部にお任せ下さい。

有限会社不動産の服部

営業時間9:30~18:00定休日水曜・第3火曜・祝日

【不動産コラム】アパート一棟を売却したい方へ!売却する流れとタイミングをご紹介!

アパートのオーナーは月々の賃料が収益になりますが、状況によっては売却を検討する必要もあります。

この記事ではアパート一棟の売却をする場合、どのようなステップが必要なのかという点を売却のタイミングについて紹介します。

 

アパートの売却はどう進めればいい?

 

アパート一棟の売却を進めるにあたり、売却する為の諸費用や手続きを知っておきましょう。

 

アパート一棟の売却をするためには、不動産売買契約締結と決済を行う必要があります。

契約後にすぐ支払いがあるわけではなく、契約から決済まで一般的には1カ月ほどかかります。

また、売却するための諸費用も必要です。詳細は次の通りです。

 

例)3,000万円の一棟アパートを売却した場合

・印紙代:10,000円

・登記費用:11,000円

・仲介手数料:1,056,000円

 

これ以外にもローンが残っていた場合は抵当権抹消費用や、杭が残っていなければ測量費が必要になってきます。

 

そして、決済が完了した翌年には確定申告をする必要があります。

その場合、売却益が出ていれば取得期間に応じた税率の譲渡所得税を納税しなければなりません。

高く売るだけではなく、どのタイミングでどれだけの費用が発生するのかを抑えておきましょう。

 

アパート一棟を高くするためのタイミングはある?

 

アパート一棟を高く売却するためには、価値が高い状態で売却することが大事です。

アパートの価値は主に周辺状況と築年数で決まります。

 

*人が集まる場所のアパートは高く売却できる!

 

駅が再開発される、ショッピングモールができる等人が集まる要因があればアパートの需要は高まり、高値で売却することができます。

逆に過疎化が今後進むようなエリアであればアパートの価値は下がり、売却価格も安くなります。

 

*築年数は20年以内が売り時!

 

アパートは築年数20年までは価値が残存し続けます。

さらに20年を越えるアパートは老朽対策の費用が必要となるため、アパート一棟の売却価格はさがります。

15~20年を目途に売却する準備を早い段階から進めておきましょう。

 

*所有期間が5年を越えてから売却!

 

アパートの価値とは直接関係しませんが、売却により利益が出た場合は譲渡所得税を納税する必要があります。

譲渡所得税は5年以内であれば39.63%、5年を越えると20.315%の税率になります。

 

まとめ

 

今回は、アパートの売却の進め方や、売却のタイミングについてご紹介しました。

アパート経営は常に売却を見据えた計画にしていくことをおすすめします。

築年数20年以内で所有期間が5年を越えたタイミングでアパート一棟を売却した場合の相場を調べ、収益が悪化する要因があればすぐにでも売却できる準備を始めておきましょう。

投稿日:2022/05/26   投稿者:-